飮湖上初晴后雨 苏轼 水光潋滟晴方好, 山色空蒙雨亦奇。

欲把西湖比西子, 淡妆浓抹总相宜。

湖上に 飮み 初め晴れるも 后に 雨ふる 水光 潋(れんえん)として 晴れて 方(まさ)に 好く, 山色 空蒙(くうもう)として 雨も 亦た 奇なり。

西湖を 把(も)って 西子と 比せんと 欲せば, 淡妆 浓抹 总(すべ)て 相(あ)ひ宜(よろ)し。

------------------------------------------------- 六月二十七日望湖楼醉书 苏轼 黑云翻墨未遮山, 白雨跳珠乱入船。

卷地风来忽吹散, 望湖楼下水如天。

六月二十七日 望湖楼に 醉(ゑ)ひて书す 黑云 墨(すみ)を 翻(ひるがへ)して 未だ 山を 遮(さへぎ)らず, 白雨 珠(たま)を 跳らせて 乱れて 船に入る。

地を 卷き 风 来(きた)って 忽(たちま)ち 吹き散じ, 望湖楼(ばうころう)下 水 天の如し。