※サヨナラ爱しき人 サヨナラ爱した人 再会啦,心爱的人,再会啦,曾经爱过的人 爱することがこんなにも つらいなんて知らずに 不知道爱情原来是这么的痛苦 降り続けてくれ雨よ 俺のナミダが消えるほど 下个不停的大雨,像要把我的眼泪冲走一样 ウソみたいだが もういない・・・ 像是在说谎一样,一切早已消失 夏の终わりの恋时雨※ 最后的夏日的爱情雨 何をやってんだ俺は 最低な男だ 在干什么呀我,真是太差劲啦 悔やし涙 午前4时の朝 凌晨4点,后悔的眼泪 好きじゃねぇ女抱いて めっちゃ虚しくて 虽搂着不喜欢的人,却非常的空虚 隙间埋めるはずが 余计思い出す 想冲淡空虚,却越发的想起 あれは确か雨の中 浴衣姿 那确实是雨中的 你穿着浴衣的背影 爱ノ言叶 键に书いた湘南平 爱的话语,写在钥匙上的湘南平 「90歳でもラブラブね」って言ってくれた笑颜を 笑着说〔到90岁还要相恋〕 忘れるために最后 今だから言えるかも 为了忘掉这,最后也许到现在才可以说 「世界で一番 お前を お前だけを ただ ただ 爱してた」って事を 世界上最好的你,只有你,惟有你,被我深 深 地爱着 (※缲り返し) 时间が経って初めて気づいた 随着时间的流逝,慢慢地发现 一人になって出来ない事の多さ 一个人的日了有许多做不了的事 溜まっていく洗濯 毎日の外食 堆放的脏衣服,每天在外面吃饭 周末 日曜日过ごす孤独 持て余してる 周末,星期天的过剩的孤独, いっぱいもらってた 小さな优しさ 曾收到了你许多,小小的温柔 お前が引き出してくれた 俺らしさ 你惯出来的,我的个性 何気ない事の方が大切だと分かった使我明白了平静 夏の海のオレンジ色の空を见ながら 看着夏日的海的橙色 思い出の浜辺 やっと来れたぜ 装满回忆的海边,我终于回来了 大丈夫さ 一歩一歩 俺は俺で顽张って歩くから 不要紧,一步一步,我会像我一样加油前进 サヨナラ爱しき人 サヨナラ爱した人 再会啦,心爱的人,再会啦,曾经爱过的人 爱する事がこんなにも つらいなんて知らずに 不知道爱情原来是这么的痛苦 照らし続けてくれ太阳 俺の涙が乾くほど 照耀着大地的太阳,仿佛要烘干我的眼泪 ウソみたいだが もういない・・・ 像是在做梦,但是一切已经不存在了。



夏の终わりの恋时雨 最后的夏日的爱情雨 伞のような存在がなくなって びしょ濡れ 失去了伞的保护,全身被淋透 寒さに震え 孤独に怯え 在寒冷中颤抖,在孤独中畏惧 けどチクショウ 绝対负けたくねぇと 畜生,我不会输的 ガムシャラに前だけを见てきた 看到了不顾一切向前的冲动 "大切な何か”を忘れてないか 遗忘了〔重要的事情〕吧 なんて问いかけた空は 晴れ渡っていた 为什么被问的天空,却万里晴朗呢 お前は今の俺をどう思うのかな 你怎么认为现在的我呢 俺らしく生きてるか 像我一样好好地活着吗 出逢い 笑颜 别れ 涙 痛みはやがて强さに変わる 相逢,笑容,离别,眼泪,痛苦,终于变成了坚强 日暮色の君との爱を 夏の海を见ると必ず思い出すよ 像夜晚颜色一样的我们的爱,每次看见夏日的海就会想 起 红の夕暮れ 纯情に憧れ 群青の夜明け 自分を戒め 红色的落日,沉醉于纯情,泛青的黎明,惩戒着自己 亿千の星の中いつかきっと 一途になれる女(ひと)に出逢うだろう 万千的星空中,什么时候一定,和一生相守的人相遇吧 「绮丽になれよ」「カッコよくなるぜ」 〔漂亮起来〕〔帅起来〕 「幸せになれよ」「BIGになるぜ」 〔幸福起来〕〔成为BIG〕 决意の太阳 本当に最后 届かぬ君へもう一度 下定决心的太阳,真正的最后,对远方的你,再一次 サヨナラ爱しき人 サヨナラ爱した人 再会了亲爱的,再会了相爱的 爱する事でこんなにも 强くなるって知らずに 不知道爱情居然会变得这么坚强 君と过ごした季节も 今じゃ虹色の思い出へと・・・ 和你一起渡过的季节,现在正变成彩虹色的回忆 ウソじゃない ほら笑颜が・・・ 今 生まれ変わる 不是胡说,瞧,笑容,现在,正在转变。





サヨナラ・・・ 永别了